生活の中でできるドライアイ対策

生活の中でできるドライアイ対策

生活の中でできるドライアイ対策

生活の中でできるドライアイ対策ドライアイは視力を悪くする要因にもなり、軽視できない目のトラブルです。早急に改善しましょう。

 

特別な治療を施さなくても、生活の中でドライアイ対策を行えます。

 

代表的な方法は目薬を使うことです。目薬にはさまざまな種類がありますが、成分を確認してください。

 

目が乾燥している状態なのでとくにヒアルロン酸配合タイプがおすすめです。刺激感の少ない目薬の方がよいでしょう。

 

次にサプリメントです。目薬で直接目に有効成分を届け、体の中から栄養を補給するためにサプリを活用します。

 

アントシアニンやルテイン、ビタミンA、DHAなどが目に良い栄養素とされています。食生活で補いきれない部分をサプリで補助していきましょう。

 

日常生活では、仕事以外でなるべくパソコンやスマホを長時間使わないようにしてください。使用する場合には休息をとるようにしましょう。

 

また、血行不良の涙が減る原因とされています。目のまわりの血管の血流を良くするために、ツボおしやマッサージがおすすめです。ツボを刺激するようにマッサージすると血流が良くなり、疲労物質も排出されて涙分泌も良くなります。

 

目に違和感があり、異物感や痛み、かゆみ、ショボつきなどの症状はドライアイの症状ですので、今すぐにでも対策を始めていきましょう。

 

重度のドライアイの場合には治療法もあります。一般的に点眼薬や内服薬を使う他に、涙点プラグをつける方法もあります。

▲TOPへ戻る